【開催概要】 10月10日(月・祝) 東京WS「絶望する。希望する」

多くの人が絶望という状態を避けようとして、否認の状態に入ってい
くのを目撃してきました。希望は、否認の上に在るのでしょうか?

今の地球環境・人間社会を、ありのままに見つめる強さがあったなら
必ずあなたは、一度は絶望を味わったはずです。厳然とあった事実は
あなたの器の大きさの限界を、やすやすと凌駕します。

ここから先、より絶望しやすい地球環境・人間社会がひらけています。
これらを変える変化の一部になりたいなら、絶望したままではそれは
叶わず、また、絶望すらできなければ、変化の一部にもなれません。

あらゆるリーダーにとって、希望する力が大切なだけでなく、絶望す
る力も大切です。絶望している自分を否認したり、希望にしがみつき
現状を否認するといった執着の状態にあるのではなく、希望と絶望の
間を、いつでも自由に行き来できるあなたであることが、大切です。
それが、地球や子孫を害さずあなたが清らかに生きていける方向です。

このことについて、かなり深く広く捉えたワークショップを行います。


– 日 時: 10月10日(月・祝) 13:30~17:45
– 場 所: 東京・神楽坂 ※ 詳細は、お申し込みの方にお知らせ

– 対 象: 以下が、一つでも当てはまる方です。

□ こわくて絶望できない
□ 自分の器を広げることが、楽しい
□ 人生の質を上げることが、面白い
□ レジリエンスを高めることは、うれしい
□ それでも、人と深くつながれる瞬間を待っている
□ 最後まで投げ出さず、やりきる自分に、憧れる
□ 日々、無から有をうむ生き方をしたい
□ 消えた情熱や好奇心に、再点火できる自信がほしい
□ 人生の目的は、真実を生きることだ
□ 向き合うべきを正しく選ぶ勇気を、呼び覚ましたい
□ 地球と子孫にとって、正しい行動をしたい
□ 緊張に自分を閉じ込めず生きたいと、望んでいる
□ 一人きりでも、何度でも立ち上がれる自分になりたい

– 参加費: 25,000円 
– 定 員: 6名     ※ 先着順です

– 参加受付終了日:  10月5日(水)夜21:00

~ キャンセレーションポリシー ~
お申込みと共に、キャンセレーションポリシー適用となり、参加で
きずとも、参加費はそのままお支払い頂きます。同額の単発コーチ
ング(75分)への振替も、可能です。天災の場合は、振込手数料を
除く全額を、速やかにお返ししています。


ぜひ色々といらしてくださいね。面白いエキサイティングな場にな
ります。栗やそば茶など、安全だと厳選したものだけ用意して、お
待ちしています。絶望ドリンクも二種類ご用意します。食物アレル
ギーのある方は、事前にお申しつけ下さいね。

外出時、ぐずる。

タコは、吸盤でサメを窒息させて、食べちゃうんだそうです。おはようございます。吉野実岐子です。

昨日、みなさんは肩をどちら向きに回してみたでしょうか?内側に向けた前回り?外側に向けた後ろ回り?両方やってみた方は、どちらが気持ちよかったか、どちらがさらなる身体への気づきを生んだか、思い返してみましょう。

きっと多くの方が、外側に向けた後ろ回りを好んだと思います。肩が上に上がりながら、肩がくるっと内向きに入った状態で生活をつづけている方がほとんどだからです。

鏡の前に立つと、判りやすいですね。お風呂に入る前や後、裸で横向きになり、鏡の前に立ってください。肩がくるんと内側に入ってしまっている様子を、目で確認していただけるでしょう。

パソコンやスマホは、肩をくるんと内側に入れてしまうので、夏以外でも、同じ様は確認しやすいでしょう。キャミソールやタンクトップ姿の人を街で見かけたら、横から見てみてください。内側に肩が入っている方の多さに、驚くでしょう。

それでね、今の時期やパソコン・スマホに触る時間を短くできない人は、内側に向けた前回りは回数少なめで、外側に向けた後ろ回りを増やした方が、身体が息を吹き返しやすいと思います。

また、鬱々としているときには、内側に向けた前回りは極めて減らすかやらずに、外側に向けた後ろ回りを増やしてください。

そしてね、今読んだことを、知識として覚えようとするのではなく、実際にやって、自分の身体で必ず「どう感じるか」を確認したり、実験してください。

実際に実験してみると、肩を内側に向け前回りすると、気持ちもぐっと内向的になることが判ります。肩を外側に向けて後ろ回りすると、気持ちも外交的になることを、今、経験なさってくださいね。

いずれも、できうる限り、清くきれいな空間でおこなってください。内向的に感じるお子さん(幼児は除く)の肩が、内側にくるんと入っているようなら、一緒に5回くらい外側に向けて肩を回しましょう。ぐずらずに外に出てくれる確率をあげられます。

(エンジンかけましょう、ブルンブルーンなどと言って、楽しくしてあげてください)

同時に、より汚い空間に行きたくないから、外に出たくないとぐずる健やかさを観察できるなら、それは、尊重なさってください。同じことは、大人にもいえます。会社に行きたくない朝など、外出時ぐする時に、きれいで清い空間をつくってかr、やってみてください。

こうしたことすべて「やる気」で片付けないでください。内向性もすばらしい性質です。

肩を回す。

冬野菜の多くが、α-リノレン酸を含むのだそう。おはようございます。吉野実岐子です。
コーチング・セッション中、クライアントさんに、肩を回していただくことが、よくあります。

回数稼ぎでぐるんぐるん高速回転ではなく、肩甲骨から回すつもりで、身体の中を感じながら、じっくりゆっくり回していただくのです。

特に夏は、内臓の中でも呼吸器が、デトックスのリーダーです。呼吸器は何かみなさんお判りですか?

肺や気管など、すべて肋骨から上です。そうすると、呼吸器に負担がかかるごとに、肩が上がって下がらなくなります。いかり肩のような、首をすくめたような形になってしまいます。

そこで、上述したように、ゆっくりじっくり肩を回していただくと、たった5回でも背中を感じやすくなるなど、身体が息を吹き返していきます。

まずは今、上をやってみてくださいね!明日はこの続きです。

On July 30th

<a href=”https://globalflowering.files.wordpress.com/2016/07/img_0086.jpg”><img class=”alignnone size-medium wp-image-35904″ src=”https://globalflowering.files.wordpress.com/2016/07/img_0086.jpg?w=300&#8243; alt=”IMG_0086″ width=”300″ height=”225″ /></a>