進むべき道に迷う時。

進むべき道に迷う方に、以下のような問いを投げかけることがあります。

『あなたの好きな物は、あなたを自由にしている?』
『あなたの憧れる人は、あなたを自由にしている?』
『あなたが惹かれる世界は、あなたを自由にしている?』

好きな物・憧れる人・惹かれる世界を「サイン」のように捉え、ひたすらそこに向かって邁進すべきという発想が、世の主流かもしれません。この発想は、自分が不安定にならずにすむという意味で、都合がいいので、一時的に私たちを楽にしてくれるから、主流になっているのでしょう。

しかし、その安定して見える、じつは緊張に満ちた世界から、より風通しのいい、自由な世界を生き始めたい方には、上の問いをお渡ししています。

多くの場合、上記は「サイン」ではなくただの執着です。例えば、フェミニストは女性の解放を推進しますが、その裏で多くは特定の男性に執着していると伝えると、そのカラクリを紐解きやすいでしょうか?

まずは、ご自身の中に、問いを響かせてみて、その響きを大事になさってください。