遅延型フードアレルギー

昨年、遅延型フードアレルギーも調べてみました。郵送で簡単に調べられるのです。食品のアレルギーというと、食べてすぐ発疹や呼吸困難というイメージが強かったのですが、じわじわ型のもあるそうです。

わたしはキウイがひっかかりました。さらに、卵や乳製品もアレルギー反応はありました。キウイは口の中がピリピリするので、自分からはほとんど頂いていませんでしたが、これがアレルギー反応だったようです。卵や乳製品は、量を減らした方が調子がいいので、ひと月に卵は最大6個に、牛乳は最大でも1本になっていたため、納得しました。

遅延型フードアレルギーが原因の慢性的な発疹もありますし、自閉症や発達障害といわれる状態との関連の深さも、指摘されています。

すべての食べ物をチェックできるわけではありませんが、次に進むいいきっかけにはなるでしょう。また、親子間での共通点もあるようですから、親があてはまるものを、子供にあたえるときは、少量からが望ましいでしょう。

そうそう、2016年1月18日(月)夜21時~23時に「名前のいらないワークショップ」の追加開催が決定しました。世界情勢が気になっている方、たたかいの記憶を再生する生き方から脱出し始めたい方、お申し込みお待ちしております。