【開催概要】12/4, 12/6, 12/26, 1/14 and 1/18「名前のいらないワークショップ」(オンライン)

おはようございます、吉野実岐子です。

このところの世界情勢を受けて、急遽、オンラインワークショップを開催することを決めました。「あなたは誰?」と言われたら「闇鍋です」と答えてしまいそうになるくらい、トレーニングに忙しかったのですが、一定程度落ち着き、余裕を生むことができました。

今わたしたちがやるべきことの一つは、みなさんが内なる子供をしっかりと癒し始めることです。癒しが必要、つまり傷ついている状態とは「けがれ」です。日本では古来から「けがれ」は祓うものでした。現代風にそれを言い換えるなら「傷を癒す」側面があると言えます。これは、一般にいわれる、浄化以上の意味と効果を持ちます。まず、その時間を持ちます。

次に、戦いの記憶をできるだけ手放していきます。手放すために認めるべきことを認め、戻すものは戻していきます。みなさんにつながるご先祖様の状態、つまりあなたの家系の状態は別の人の家系の状態とはだいぶ違うでしょうから、より一層問題をクリアに認識する人もいるでしょうし、清々しさを味わう人もいるでしょう。これはみなさんのいる段階により、人それぞれの感想がでる領域です。

一つ強調しておきたいのは、問題を認識≠犯人探しだということです。問題を認識した状態で、犯人を捜さぬまま、その問題を解消していくことができます。

なぜだかいつも焦ってしまったり、罪悪感にさいなまれたり、朝起きられなかったり、子供が登校拒否だったり、血縁に統合失調症と診断された人がいたり、血縁に自ら命を絶った人がいることが、戦いの記憶と結びついているケースは、非常に多く観察されています。

その上で、その場に応じて必要なワークをやっていきます。もちろん身体からアプローチしていきます。大変濃い時間になります。みなさんそれぞれにお忙しいでしょうが、敢えて日程を調整されて、参加されるだけの意味があったと感じて頂ける、エネルギー面でも明らかな変容をもたらすワークショップです。ぜひ、ご参加ください。

───────────────────────────────

■ 場所:スカイプ上(有線LAN接続必須)
■ 日時:12月4日(金)21:00~23:00(満席)
12月6日(日)10:00~12:00  <残席2>
12月26日(土)21:00-23:00 <満席>
2016年1月14日(木)10:00~12:00 <残席1>
2016年1月18日(月)21:00~23:00
□ 定員:各3名
■ 〆切: しめ切りました。

~ ご協力お願い申し上げます ~

治療が必要な方・ 喫煙常習者・飲酒常習者は、ご利用頂けません。
プレゼント利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。
お子さんのいる方は、ご家族に協力をお願いされてください。
複数で会話しますので、静かな環境づくりにご配慮ください。
お申込み後のキャンセルは一切承りません。
(仮に参加できなかったとしても、参加費はお支払いいただきます。)

───────────────────────────────

参加を迷う方は、迷う=気がかりという、ご自身の感覚に正直になり、その感覚を大事に味わうことから、始めてみてください。

必要なものほど、人はおそれる傾向があり、得たかったものほど、人は躊躇する傾向があることを、そっと付加しておきたいと思います。

このワークショップは、名前を必要としている感じがしませんのであえて「名前のいらないワークショップ」とさせていただきます。

★ 開催報告はこちらです。

相手の気持ちに巻き込まれない。

あなたが混乱しているとき、思考と気持ちを混同しているかもしれません。例えば、人を責めたり勝手に判断することで、恥ずかしさを隠しているのです。

基本的に、誰かがあなたについてどう感じるかは、その人の気持ちの履歴に依存します。そして、あなたが誰かについてどう感じるかは、あなたの気持ちの履歴に依存します。だから、あなたが誰かの気持ちに巻き込まれなくていいし、あなたも相手を自分の気持ちに巻き込むことはできません。

巻き込まれているように感じる時は、互いの履歴と履歴が、混線状態になっているときです。パソコンの履歴で考えるとわかりやすいかもしれませんが、パソコン≠履歴です。同じようにあなた≠履歴ですし、相手≠履歴なのです。

ここでもやっぱり、自分から始めていきます。感情をおしこめそうになったら、深呼吸していきましょう。その後は、感情をただ感じても安全でいられるよう、自分をサポートしていきます。

重曹と石鹸で、カシミアもふわふわになる。

七十二候では、昨日から「山茶始開(つばきはじめてひらく)」ですが、京都では1週間以上前から椿が咲き乱れています。

冬はドライクリーニングとご縁を持ちやすい時期ですが、とにかく不要な外出を減らしたいと探したら、無香料で環境に優しい、洗濯機用のこうした洗剤もあるようです。手を怪我していたり、お子さんが小さくて手一杯なら、こうした選択もアリですね。

同時に、こちらで「手洗いと違って、洗濯機は荒いもすすぎも甘いから、使う洗剤に制約が多くなる」と指摘している方がいらして、とても納得しました。その方は、こんな風に書かれていました。

・先にぬるま湯に重曹を溶かした中に、液体石鹸(ミヨシやシャボン玉石けんなど)を入れて、石鹸のpHを落とせば、ウールやカシミアでも、ふんわり柔らかに洗い上がる。
・しっかり攪拌して泡をたっぷり立て、洗っている最中に泡切れさせないだけの量を使用することがポイント

空気が汚い日が続く率が、数年前の倍以上になったので、部屋干しでどう型崩れさせずに素早く乾かすかがポイントだと思っています。ちなみに、二年前にも似た記事を書いていました。ダウンなども、専用洗剤があるんですよね。

まだ、除湿器や衣類乾燥機は買っておらず、できれば買わないままいきたいので、思いあぐねています。みなさまは、どうされていますか?

緊急用Alpine Pack。

少し前にメールマガジンで防災用品をいれるPackを探していると書きましたが、やっとAlpine Packの購入にいたりました。雪山の標高の高いところでも耐えられる生地や、軽い装備を可能にするタイプです。

ちなみに、今回新たに加えた中身は(1)割けて乾きが早い、日本手拭い二本(2)ブレンドされた直接肌に塗れる精油二種類(3)四層構造のマスク です。

避難用にはトレッキングシューズを用意してありますが、防水されていないので、レインカバーをつけても濡れて、山で困ることがありました。防水タイプの購入も検討していましたが、生分解しやすいレザーウォータープルーフジェルを見つけたので、まずはこちらを試してみます。

ついでに、ウォータープルーフィングスプレーも見つけたので、防水効果がおちて困っていた物に使ってみます。普段しない買い物をすると、ぐんとそちらに意識が広がります。だから、結果的に他の困り事もドミノ倒しで解決を迎えたりしますね!