絶対に開運しない生き方。

きんぴらを大量につくりました。おはようございます、吉野実岐子です。

あなたが誰かを「ゆるせない」と思うなら、そこには「相手に求める」欲望がどでんと居座っています。

「~してくれたっていいじゃない?」「なんでわたしが謝らないといけないの?」とイライラするその親が「相手に求める」欲なのです。

みなさん、断水など特別な事情のない限り、毎日湯船につかってくださいね。

寝具(シーツ・布団カバー・タオルケット・毛布・枕カバーなど)は、どれか一つを毎日洗ってローテーションさせましょう。お天気がゆるさなくても、二人分まではこれでまわります。

家事をするときは「無心にさせてもらって、ありがたいな」と、しみじみする気持ちで行いましょう。「やってあげている」「自分ばっかり」、こんな気持ちの下にはやはり「相手に求める」欲望があります。

「相手に求める」生き方をしている方は、100パーセント、ご自身で人生の目的を設定されていません。「相手に求める」自分の生き方を正当化するためです。

このような生き方は、絶対に開運しない生き方です。今一度、ご自身を振り返って、人生の目的を設定される機会が訪れています。