元の大きさに戻る。

そろそろ、焼き芋の季節ですね~。おはようございます、吉野実岐子です。

多くの方は、勝手に「これが私」「これが理想の自分」と決めつけて、クッキーの型抜きのように、抜いた部分だけを自分だと決めつけています。つまり、型にはまらなかった部分は、責められて見過ごされて、実際のあなたよりも、小さなあなただけが自分としてそこにいることになります。

現実逃避している自分に優しく穏やかに向き合うと、クッキーの型からはみ出た部分を集めると結構な量があって、いろんな形をそこで生み出していけるように、大きなありのままのあなたが、そこにあることになっていきます。

現実逃避している自分と向き合えば、それがあなたが「これが私」と認めていたり「これが理想の自分」と決めて、実際より小さな自分で満足しようとしているところに、切り離された自分が統合されて、元の大きさにやっと戻れるのです。

ありのままであるには、現実逃避している自分と優しく穏やかに向き合うことからも、始まっていきますね。