思いの強さ。

あごだしの「あご」を、そのまま食べるのが好きです。おはようございます、吉野実岐子です。

思いが強いと、その思いを言葉になってないレベルまで尊重してくれる人の言葉なら、素直に受け取りやすいのでしょう。

思いの強さは、あなたの足を引っ張る執着にもなるし、あなたの背中をおす情熱にもなります。多くの方は、情熱のつもりで、執着をお持ちです。また多くの方の思いの質は、他のいのちに負担となるものです。亡くなってからも、他のいのちの負担となるのは、かなしいことですね。

思いの質はもちろんのこと、肉体があるうちに、使い方も上手にしていきたいですね。そのための近道が、あなたの肉体としっかり対峙することです。