お家で洗ってみよう。

昨年から、お家で洗えるものは、なるべくお家で洗うことを大切にしています。そうすると、その物のバックグラウンドが見えやすく、行程に関わった人や作業を想像しやすくなります。つまり、地球にやさしくあれる助けとなると感じているからです。

今日は、そのためにわたしがメモしたことを、シェアします。お役立てください。

1. ドライクリーニングでは、ほこりと新しい油の汚れしかおちない。汗などの水溶性の汚れや無色の果汁などは、残ってしまうので、改めて水溶性の汚れは落としてから、ドライクリーニングに出す。
2. 白シャツの黄ばみは、洗剤のすすぎ残しが原因。だから、弱酸性の洗剤をお湯に入れて、10分ほど煮洗いするととれる。
3. 帽子の型崩れ防止には、紙でなくタオルを詰める。
4. 靴には1日コップ1杯分の汗が吸収される。
-週2~3回履く場合は、週1度お手入れする。
-革が乾いたまま履くと、汚れを吸収しやすく染みになりやすい。
-柔らかい部分は馬毛のブラシで、凹凸のある部分は豚毛のブラシを使う。
-表面にクリームが残っていると、ひび割れや汚れの原因。
-シューキーパーは、革切れの原因にもなるので、パンプスなどはペーパータオルを詰めておけば十分。
5. 革のスニーカーは、泡タイプの専用クリーナーで汚れを落とす。
6. 羽毛布団やダウンケットは洗える。
– 浴槽などに、30℃以下のお湯~水に、ウール用中性洗剤をとかして、羽毛布団の空気を抜いて、できるだけ小さくたたみ、10分ほど押し洗いする。
– 洗濯機で軽く脱水したら、浴槽にもう一度戻し、きれいな水で十分にすすぐ。この行程を、3回以上繰り返したら、最後に十分脱水する。
– 日当りのいい場所でつり干しする。ほぼ乾いたところで、羽毛をほぐして高さをととのえる。軽くもんだり振ったりして、ふっくら仕上げる。

9月も最後ですね。わたしたちは、ひたすらやさしさでありましょう。

苦しみと幸福。

機能不全家族で育った方は、大抵「いい子」です。あんなに苦しかったのに、それでも幸福を感じた瞬間もあったと思い返すと、みなさん「ほんとは幸福だったのに、わたしが苦しいと思い込んでいただけなのだ」と、自分を追い詰めます。その姿は、涙ぐましいほどに「いい子」です。

現実とは、真逆の知覚で捉えられていいものです。苦しいし幸福だし、でもやっぱり苦しいし幸福なんです。

苦しいか幸福かの二者択一を、ご自身に突きつけなくていいのです。傷口に、塩を塗らなくていいのです。

あなたはただ、苦しくて幸福だった子供時代を過ごしたのです。苦しい幸福な思いをしたみなさん、ここまでよく耐え抜き、生き抜きました!

心に余裕を生むには?

「もっともっと」と前のめりに高揚しているとき、あなたの心に余裕はありますか?「少し足りない」くらいが、あなたから知恵を引き出し、創造力を養ってくれます。

求めることを一時停止すると、求めていた物や人とあなたの間に、空間が生まれます。空間が生まれると、止まっていた時も流れはじめます。それが、心の余裕として認識されます。

迷ったら、まずは「少し足りない」を選んでみませんか?そして「少し足りない」を創造性で補っていく、これからはそんな風に生きてみませんか?

思いの強さ。

あごだしの「あご」を、そのまま食べるのが好きです。おはようございます、吉野実岐子です。

思いが強いと、その思いを言葉になってないレベルまで尊重してくれる人の言葉なら、素直に受け取りやすいのでしょう。

思いの強さは、あなたの足を引っ張る執着にもなるし、あなたの背中をおす情熱にもなります。多くの方は、情熱のつもりで、執着をお持ちです。また多くの方の思いの質は、他のいのちに負担となるものです。亡くなってからも、他のいのちの負担となるのは、かなしいことですね。

思いの質はもちろんのこと、肉体があるうちに、使い方も上手にしていきたいですね。そのための近道が、あなたの肉体としっかり対峙することです。