目的を握っていますか?

昨日、京都は初蝉でした。おはようございます、吉野実岐子です。

例えば、あなたが山に登るとします。たくさんのルートがあるでしょう。

頂上で人から何か受け取るなら、頂上に行く必要があります。使えるところは、ヘリコプターや車を使ってもいいですね。野生動物を撮りたいなら、頂上にいかなくてもいいし、歩きやすい道は避けた方がいいでしょう。誰かと山登りの経験を楽しみたいなら、楽しくおしゃべりできるスピードで、怪我なく帰ってくるために、歩きやすい道を歩いたり、頂上にこだわらないことが大切です。

同じ「山登り」でも、目的によって、こんなに中身は変わります。

自分がしている中身(作業)にとらわれて、目的を見失っていませんか?目的を達成するために、作業(中身)を随時アップデートするチャンスを取りこぼしていませんか?

改めて、目的と自分をセーフティーロープでつなぎなおしたい方は、七夕セッションにいらしてください。もうすぐ締切です。