執着 ≠ 情熱。

おはようございます、吉野実岐子です。朝顔さんに来てもらい、うれしい朝です。

ものは、いつかなくなり朽ち果てます。執着する気持ちがあると、その時苦しむのはあなた自身です。

地震の度に不要なものが落ちてきて、何度も片づけるのは、なかなか切ないんじゃないでしょうか?

ものを手放せないクライアントさんには、「お部屋にあるものが、すべて生ものなら?」という視点を提示することがあります。「悪臭がして、発酵がすすんでいる」と受け止められた方は、早速行動にとりかかりましょう!

ものはなくなっても、その時のあたたかい思い出は胸にあるからと、おさめていきていけたら、あなたの中で執着≠情熱がクリアになるのではないでしょうか?

ものを手放す過程は、あなたの中の情熱に火をいれていく道程でもあります。

そもそも、あなたが今を生きているなら、とっくに「すべてのものは生もの」だという感覚で生きているでしょう。さて、あなたは情熱と執着を見間違えず、今を生きていましたか?