白ってすごいな。(二)

おはようございます、吉野実岐子です。

空間を空っぽにして、全部入れ直すという、まさに引っ越しと同じことをしたら、「未来に不要な物」が、ごろごろ見つかって、びっくりしています。「今不要な物」はゼロですが、「未来に不要な物」がこんなにあったんですね。

そんな中あたらしいフック(シルバー)も迎え入れました。部屋には、室内物干し・冷蔵庫・ゴミ箱・ハンガーなど、シルバーのものも結構いるのですが、シルバーと白だと、どちらにも光は感じるものの、空間への影響は全く違いますね。白いマスキングテープにも出会えたのですが、白だと本当にやわらかくまとまるので、ホッとします。

白ってすごいな~に浸りながら、明日は6月1日です。6月があなたにとって、いい転換期になりますように!

白ってすごいな。(一)

おはようございます、吉野実岐子です。

空間大移動中にしたことの一つが、ラベルの張り替えでした。書類を入れているケース・文具ケース・衣装ケース・アロマオイルの蓋などに、ラベルを貼っていますが、今までは、ずいぶん前に買った、濡れても大丈夫な銀と金の丸いシールを使っていました。大量にあったのが、6年越しでとうとうなくなった次の日、わたしはこちらの和紙の丸い白いマスキングシールと、出会ってしまいました。

濡れるとNG、和紙ゆえにペンの種類を選ばないとにじむのですが、耐水性のピグマのグラフィックペンを使ったら、バッチリでした。書いた後に30分以上乾かしてから貼れば、文字もにじみません。

濡れる予定のないラベルについては、すべて和紙の丸い白いマスキングシールに張り替えたのですが、そしたらなんと空間の清浄なこと、銀がすべて白に変わっただけで、小さな面積なのに、こんなにも空間が乱れなくなるのかと驚きました。

アスファルトや電車のホームに、会社のパーテーションや床やスーツなど、世の中は灰色が溢れています。ついでに空も随分長いこと灰色です。灰色は存在感を消す色であり、基準をあやふやにする色でもありますが、まさにそんな世の中です。

カラフルなのも楽しいけれど、やはり空間は乱れます。改めて白を選んで、やわらかく空間がまとまる感じに、ほぉっとなりました。みなさんも、白になりませんか?

自分を迷い子にしていませんか?(一)

掃除機丸洗いしてみました。通りがよくなってスッキリしました。身体も同じように、通りをよくしませんか?

おはようございます、吉野実岐子です。

迷いの多い人は、ただ単に自分を迷わせる考え方を、採用しています。物も気持ちも考えも「取っておかないと不安だから」「いつか必要になるかもしれないから」と見て、たくさん取っておきます。そして、どこに何があるか分からなくなり「間違えて捨てちゃったかも」を防ぐために「とにかく捨てない」という考え方を採用していくのです。

「世の中では、こっちが重要と言っているから」「こう進めば、みんなに冷たい目で見られないから」「こういう時には必要になるときいたから」と、とにかく捨てない方へと進んでいくのです。

迷いが多いとは、自分を管理(manage)できていない状態であり、自律していない状態だといえるでしょう。自分を支配(control)するのではありません。管理(manage)するのです。自立ではなく、まず自律です。

「とにかく捨てない」考え方を採用してしまうと、自分にとって、何が大事だかわからなくなります。そうすると、変化がこわくなります。生きるとは変化することですが、それに抵抗し始めて、余計なトラブルや苦しみを生んでいくことになります。

何が大事か分かると、するっと変化を受けいれられますね。何が大事かに気づかせて頂けた時、人は変わります。

後日、この続きを書きますね!

気持ちよく暮らす。

白いたわし(野菜の皮むき用)がお家にやってきました。

おはようございます、吉野実岐子です。

ひとや地球が気持ちよく在るための仕事をしているなら、仕事場の有り様は本当に大切です。仕事場を掃除して仕事をはじめるのは、基本の「き」ですね。

同じように、気持ちよく生きたいなら、暮らす場の有り様はとても大切です。生活の場を掃除して、暮らしに新しい風を入れるのは、基本の「き」です。

この週末は、家族みんなでお掃除して、気持ちよくなってみませんか?

好きな色の糸を選んでもらい、その糸で雑巾に名前を縫ってあげたりすると「自分のすること」という認識も、生まれやすくなります。

そして、雑巾でやると機能性を失ってしまうけれど、Tシャツに転写シートを切り取ってアイロンで模様をつけたり、チャックやボタンを縫い付けてワンポイントにする、そんなリメイクをしても、気持ちよく暮らす知恵を分かち合ったり伝えていけますね。

生きる場である身体もお掃除して、気持ちよく暮らしていきませんか?

さよならパウダー。

おはようございます、吉野実岐子です。

粉状の洗濯石鹸をようやく使い切り、液状の洗濯石鹸に戻しました。すばらしきコスパの反面、どうしても空中に舞います。呼吸器の負担になります。

使用期限が切れた、パウダー状のミネラルファンデーションにも、さよならしました。こちらも、粉を吸うことを避けられませんでした。数年前と違い、ミネラルファンデーションもクリームタイプが開発されていたので、乳化に卵由来のレシチンや植物由来の石鹸を使い、タルクフリーで、動物実験もしていないこちらに切り替えました。同じく使用期限が切れたチークも、練り状のものに変えました。

今うちにあるパウダーは、山椒・小麦粉・きな粉・重曹・塩・こしょう・ポカリスエットの粉・デトックスパウダー、です。小麦粉はなくなったら終了、きな粉はもうすぐ使い終わり、ポカリは熱中症対策、胡椒はめったに使いませんが、珍しいところではココアに入れると美味です。山椒はお味噌汁やうどんに入れるのが、マイブームでした。

デトックスパウダーは夏いっぱい持ちそうですが、飲み終えたら、パウダー状ではない別のものに切り替えます。夏は特に呼吸器をつかいます。異常気象下、みなさんも呼吸器を大切にされると楽かと思います。

中心を変える。

おはようございます、吉野実岐子です。

当たり前にしたいこと、つまりすべての中心におきたいことが変わったので、部屋全体に反映させています。価値観という、信念体系にもとづくレベルの話ではないこと、付加しておきます。これで、より空間が乱れなくなると思います。

当たり前にしたいことや当たり前にしていることは、あなたが一番大事にしていることです。どんな日も飛ばさず意識せずにできることが、あなたが当たり前にしていることです。

例えば、これは価値観レベルの話ですが、当たり前にしていることが、だらだらすることなら「ゆっくりしたい」という願いが隠れています。大事にしたいのに、大事にできていません。堂々とゆっくりできる部屋作りをはじめてみませんか?

堂々とゆっくりできず、だらだらうだうだしがちな部屋は、恐怖(不信)からつくられています。そんなあなたにとって、世界は恐く自己は脆いものでしょう。

世界がやさしく自己は回復力が高いと認識するなら、自然と「堂々とゆっくりできる部屋」が生まれていきます。

あなたの当たり前、つまり中心は何でしょう?まずは価値観レベルから、クリアにしてみませんか?

幸運?不運?

おはようございます、吉野実岐子です。

本質的には、幸運も不運もありえません。

「うまくいっている」と思う時は、自分の知っている願いが叶っているから、そう思うだけです。「うまくいかない」と思う時は、自分の知らない願いが叶っているから、そう思うだけです。

つまり「いつも自分の願いを知りつくしていれば、いつもうまくいく」、そんなからくりです。「うまくいかない」ことは、自分の知らない願いがあったことに、気づかせてくれるサポーターです。

すべてはただ自分からはじまっています。苦しみは100パーセント、人のせいにすることからはじまっています。楽しみは100パーセント、自分からはじまっていると認めることからはじまっています。

みなさんはここからどんな選択を重ねていくのでしょうか?未来が楽しみですね!

椿油とつげの櫛。

おはようございます、吉野実岐子です。

大半をショートヘアで過ごした10代、つげの櫛を使っていました。ドラッグストアで売られている椿油も使ってみたことはあるのですが、合いませんでした。

その後、パーマをかけたりで、目の粗いブラシを好むようになり、美容院にはちょくちょく行く派でしたので、それで髪が絡んだりすることもなく、時は過ぎていきました。

さて、ここ数年カホクさんのものは、贔屓にしてきました。黒胡麻や菜種油を使わせていただいていました。この春、椿油も出されていることに気づいたのです。感じてみると、いい感じがしました。明治5年製の石臼式圧搾機で「玉搾りという昔ながらの方法でしぼり、手漉き和紙で漉してあるそうです。農薬・化学肥料不使用のつばきだけを使っており、無熱処理・無精製で、食用にも使えます。

そこで、早速使ってみると、延々のばしていて絡まりやすい髪が、たった二滴で絡まらなくなり、するっとまとまりました。ドラッグストアで売っているそれと、正直まったくの別物です。さらに、つげの櫛に一滴垂らして、なじませてから使えば、もうさらっさらです。

昨夏より、ココナッツオイルを幅広い用途で使ってみていました。そして、コクを出したいお料理や南方のお料理にはココナッツオイルという辺りに、活躍場所が定まってきました。ココナッツオイルは、肉じゃがやカレーやパンケーキには、オススメです。紅茶やコーヒーに少しいれれば、手軽にココナッツフレーバーも楽しめます。また、ゆかいなエネルギーが乗りますから、ゆかいになりたい時はいいです。

しかし、髪には椿油とつげの櫛のセット、いいです。ショートヘアだと、一滴の半分で十分です。

とうとう椿油とつげの櫛の良さを明確に知れて、うれしい気持ちでいっぱいになりました。なんでも、良さはとことん知って、粘り強く生かしていきたいです!

立つ瀬。

おはようございます、吉野実岐子です。

「自分と向き合わないままでいると、他人に迷惑をかける」と気づかれたクライアントさんがいらして、素晴らしいと思いました。

自分と向き合わないままでいると、最終的に自分本位な行動しかできなくなってしまいます。自分と向き合わないとは、自分から「立つ瀬」を奪うことだからです。

二言目には「人に迷惑をかけたくない」と言う方は、実は「人に迷惑をかければ、自分から「立つ瀬」が奪われる」と、自分勝手に考えているだけだったりします。思いやるふりをして、人のせいにしています。

本当に相手を思いやり、自分によりそい、その結果「人に迷惑をかけない」ように生きる人は、まずきっちり自分の世話をしています。自分と向き合うことは、自分の世話の一部に過ぎません。

自分の世話とは、自分に「立つ瀬」を用意してあげることです。あなたの足場、広げてあげてくださいね。

おしゃれな人がすること。

おはようございます、吉野実岐子です。

多くの方がおしゃれな人は、毎シーズン、流行を確認して取り入れたり、洋服を見て回っていると思い込んでいます。しかし、それは単に、一部の洋服と関連の深い職業の方がしていることに過ぎません。

実際に、おしゃれな人がしていることは、しわを見つけたら、すぐアイロンかけをしたり、ほつれを見つけたら、何事もなかったかのようにささっと繕うことです。タグをつけたまま、出かけてしまうなんて、おしゃれな人は、絶対にしないことです。

わたしもやっと、1ヶ月に1度は、自然と裁縫の日を設けられるようになり、しかも、それを楽しめるようになりました。アイロンはもともと大層好きです。35℃以下の時なら、1枚でも、ルンルンでアイロンがけします。ちなみに、石鹸と尿素でできている、このアイロンクリーナーお勧めです。

「おしゃれでなければならない」と思っている人は、実際は洋服によって武装しているだけで、前者になっていることが、ほとんどです。武装をやめて、ほんとうにおしゃれな方へ、一歩歩み出してみませんか?

何位でも、お祝いしてあげよう。

おはようございます、吉野実岐子です。

共働きやシングルマザーのご家庭では、やっぱりお子さんと一緒に過ごす時間が少なくなってしまうと思います。物理的に限りがあるのは、事実ですね。

クライアントさんに提案して、採用率の高いものは、朝お子さんより早く家を出るなら、「いってらっしゃい!」のような簡単な一言をかいたホワイトボードを、玄関に貼っておくことです。玄関に人の気配でつく電灯などを用意したり、お子さんも好きな精油の香りがあるなら、その香りを焚いておくといった、工夫もできますね。

もう一つは、一緒に過ごす時間の使い方です。運動会シーズンの方も多いでしょうから「4位おめでとう!」のように、何位でもお祝いしてあげましょう。「生まれて何日経って、おめでとう!」のように祝ったり、どんなことでお祝いしてもいいです。

自分がどんな状態でも祝ってもらえることは、自分がここにいていいのだという感覚を強めてくれます。気持ちの切り替えを早くする効果もあります。

お祝いは豪勢でなくても、キャンドルだけで食事してみたり、ビュッフェ形式にしてみたり、森の中にいるような音を流したりするだけで、十分非日常感がでます。

そして、ぜひご自分のことも、自分がどんな状態であっても祝ってあげてくださいね。本当は毎日命が続いていることは、奇跡です。惰性で生きることをやめるならば、毎日は十分お祝いに値します。

過酷な環境で生き抜き…?

おはようございます、吉野実岐子です。

ルッコラをちょっぴり収穫しました。ベランダのハーブですら、年々育ちが悪くなっており、異常気象の影響をひしひしと感じています。

そんな中、大自然のドキュメンタリー番組で耳にする「過酷な環境で生き抜き…」といったナレーション、聞いていて首を傾げませんか?

-20℃であろうと、湿度5%であろうと、それがその植物や動物にとっての適温です。-20℃用の体で温帯に連れてこられたり、湿度5%仕様で湿度80%の環境に連れてこられるなら、たしかに過酷です。

もともとの生態を過酷と呼び、連れてくることは過酷と呼ばないのは、奇妙なことだと思いませんか?

「願いが叶わない」と嘆く前に。

昨夜は、うつくしいリーダーの第1回フォローアップコールでした!レモンスカッシュみたいな時間になりました。

おはようございます、吉野実岐子です。

願いが叶わないと嘆く前に、自分の一番の願いに、気づいていますか?

経験上、自分をふくむ人という生き物をみていて思うのは、みんな願いはかなっているということです。どんなにつらく苦しく感じる経験であれ、実は自分が認識する自分の願いと実際の願いにズレがあるだけで、実際の願いの方は叶っています。

願いが叶わないと感じる状況を経験中なら、「実はどんな願いが叶っているんだろう」と、自分にきいてみましょう。自己理解と自己受容を深める、好機がおとずれています。

幸せは不幸な顔してやってくるといいますが、しみじみほんとです。そして、もう一歩踏み込むなら、今あなたが迷っている選択、どっちを選んでもあなた自身は幸せにはなります。

Secret formula for happiness.

I saw a sweet movie which is called “About Time” using the Google Play free campaign. The film helps you to be aware of your remarkable life which is already there.

The main character has limited time traveling abilities after he turned 21. In his family, only men can have such an ability. And after someone in his family is born, men never can go back to before that moment.

The main character’s father also has the same ability and he shared some secret formula for happiness with him. One of them is, and I paraphrase, “Live every day again, almost exactly the same way. The first time with all the tensions and worries stop us noticing how sweet the world can be. But the second time, notice the sweetness.”

After he got his first child, his father died. It implied that he could meet his father using his special ability before his second baby was born. After he lost the way to meet his father, he stopped time traveling.

He just tried to live each day one day at a time. As if it is the full final day of his extraordinary ordinary life, he started to relish each and every day.

We sometimes hope for some special techniques or abilities to be happier. We sometimes make blind assumptions as if everyday is ordinary life. But our life is truly extraordinary if we can be aware of it.

That basic essence is a secret formula for happiness for us.

ポイントずれていませんか?

おはようございます、吉野実岐子です。

コーチを目指す方が、それなりの確率で立ち止まるポイントに「宗教っぽいと言われてしまった」があります。そして、ここからです。そう言った人がお客様候補ではないのにも関わらず「どうしたら、宗教っぽくなく思ってもらえるか」と、考えを展開させてしまう方がいらっしゃるのです。

これはそもそも、注意を向けるポイントがずれています。永遠にお客様にならないと思われる人の意見を、なぜ事業を育てている初期段階で、ここまで気にするのでしょうか?問題ではないものを、問題にしてしまっているのです。深いところで、問題があると安心するのです。

困ったお客様にどんどんアナウンスしていって、来てほしいお客様を描けていてない場合も、ポイントがずれています。お客様になる人の意見を、追って行く方向が、ビジネスを育てる方向です。ただお客様についていきましょう!楽でしょう?

ちなみに、わたしの知る限り、宗教を持つ人で「コーチングって宗教っぽい」という人は一人もいません。宗教とひとくくりでいっても、キリスト教と仏教を比べるだけでも、だいぶ違います。だから実は、この一言で立ち止まれちゃう方が、面白いんですよね。