時間と潔く向き合う。

昨日は血液検査したら、クラクラしてしまいました。どんなお店に立ち寄るか聞かれましたので、ある日東京で、歯医者の帰り道、計60分の間にたちよった店の名前を記してみますね。

Smith (海外の文具)
木屋 (調理道具)
イデー (家具や雑貨)
Y’s for living (部屋着)
IENA (服)
リブロ (本)

それぞれの店は、東京以外にもあるものもあります。ただ、60分ですべて効率良く回りおえるのは東京ならでは、です。サクサク用が済んで、気持ち良く次に進めました。

しかし、上の中で一番楽しかったのが、「木屋で木蓋のサイズについて、相談している時」とは、わたしも変わったものです。なぜ楽しかったかというと、訪れた店の中で一番清々しさに近かったからです。

説明やレイアウトには、ねじ伏せてでも売ろうとする傲慢さではなく、時間に洗われたプロの凛とした誇りが感じられ、並べられた商品一つ一つの洗練度合いも、群を抜いていました。

誇りをもてば、あなたの仕事もうつくしくなります。時間に洗われれば、作業一つ一つが洗練されていきます時間をコントロールしようとしたり、アンチエイジングなんて、時間に抗うより、時間に潔く洗われて、生きていきませんか?