給料をあげてほしいと言えますか?

今日は、セッションの合間に、明日「うつくしいリーダー」でお出しするおやつ作りです。甘くないものもお出しします。8月に無農薬の柿を頼んで、さすがにこのワークショップには間に合うだろうと思っていたら届かず、急きょメニューを変更しています。旬のものをお出ししますね。

さて、食べ過ぎや運動不足、毎日のタバコとお酒が、身体を痛めつける行為であることは、みなさんお分かりでしょう。自分を見下して周りの気を引くことも、自分を愛さない行為ですね。

それでは、何かサービスを利用した時に「法外な金額を払うことになるのでは?」という思い癖がある場合は、どうでしょう?さらに、「給料をあげてほしいといえない」人はどうでしょうか?

みなさんは、適正な金額を支払い受け取る流れの中にいますか?続きは、12月28日の「エネルギーのうつくしい循環」でお伝えいたします。