天照石と翠石。

もうすぐ大寒ですね。今年は1月20日だそうです。今のところ、京都はごくたまに最低気温がマイナスになるものの、例年よりあたたかく乾燥気味です。

夜の陰ヨガ、肺炎を治してからは、とても気持ちよくやらせていただいているのですが、同じポーズを身体の欲するまま、5分続けたりしていると、こんなぬくぬくした格好をしていても、冷えるのです。

しんしんと冷える中でも、気持ち良くてつい、計90分くらいしてしまうから、冷えは大問題でした。そしたら、石に詳しいクライアントさんが、「天照石」という石を教えて下さったんです。お風呂に入れるだけで、温泉効果があるとのことで、これが効きました!

天照石はこんな特徴をもちます。(詳しい特徴はこちら

  1. 大分と宮崎の県境からのみ、採れる。
  2. 4~14ミクロンの遠赤外線を、再放射する。
  3. 二酸化ケイ素(SIO2)・酸化チタンの含有量が極めて多い。

アトピー性皮膚炎や自律神経失調症の改善にも、いいそうです。クライアントさんのおかげで、温泉の素や入浴剤や重曹などを買うより、かなりリーズナブルな賢いお買い物になりました。

今回は、お風呂用の石を買うという、なかなかない機会でしたので、ついでに、翠石(マグネシウム・カリウムの含有量が多く、お湯にとろみがつく)も、買ってみました。いつも入れている、塩と合わせて、お風呂に入れています。

特に、天照石を入れると、お湯になにかを足したのでなく、お湯の質自体が変わるのがはっきりわかります。

冷えと乾燥は、万病の元です。大寒に向けて、芯から温まることを、本当に大事にされてくださいね。身体を大切にすることは、地球を大切にすることそのままです。地球を大切にしていながら、身体を大切にしていない、グローバル気取りの人は、偽者です。身体を大切にしていながら、地球を大切にしていないスピリチュアル気取りの人も、偽者です。