「本来無一持」

お茶の世界で「本来無一持」という言葉が、あるそうです。意味はそのまま「自分自身は本来なにももってはいない」だそうです。

20131125-162855.jpg(シーズンオフの沖縄は緑がふさふさ)

非日常に逃げ込まずとも、日常の中でいつも自分のわくをこえたところで、生きようとしていれば「なんて自分は高がしれた人間なんだ」としか、思えなくなります。

自分の枠をこえること、つまりいつも「本来無一持」の境地でいることが、2014年はキーになります。