立冬。

立冬に入りました。

長らく、プラスティック製品からは、縁遠かったのですが、くるぶしより上10㎝くらいまでを温めたくて、足湯バケツを買いました。

一般的には、寒くなるほど、おうちの中にいる時間が長くなるのではないでしょうか?そして、そこで、まざまざとご自分の現実を見ることになる方も、多いでしょう。

現実逃避していると、お金の問題や身体の問題や地球の問題となって、現実を生きることを促されるようになります。言い換えれば、現実と生きるとは、お金・身体・地球と、普段から向き合うということです。

お金・身体・地球と、しっかり向き合っていくことが、結局あなたを幸せにします。身体編では、その一歩として、足湯もオススメです。