外食。

先週から、雨がざぶんざぶんと降って、10月初旬すら思わせる京都です。

IMG_9591

暦上では、食欲の秋ですが、みなさんは、どのくらい外食されますか?

日本では、1688(元禄)以後、外食がはじまり、特に日清戦争1894〜1895後に、かなり一般化したようです。

ご自分のもてる底力を発揮したいなら、心身の繊細さをひらいていきましょう。心身の繊細さをひらくには、邪雑なものから、遠ざかることです。特に、飲食におぼれやすい、外食の回数をうんと減らすことです。

目がほしがるまま、舌の快楽に身を委ね、限度なく他の動植物をむさぼる様を、わたしたちの1000年前のご先祖様が眺められるとしたら、野蛮であさましい姿に映るのでは、ないでしょうか?

ご先祖様にも、次世代にも、わたしたちを育む地球にも、誇れる生き方をしていきませんか?まずは、野蛮であさましい人になろうとは思っていないなら、外食をうーんと、減らしましょう!実は、食欲の秋の正体は「食べて毒素をだす」、ただそれだけのことだそうです。

食欲は、手をかえ品をかえ、最も正当化されている欲のひとつです。