気楽に参加できる、リーズナブルで高品質なサービス

「気楽に参加できる、リーズナブルで高品質なサービス」を求める人は、自分からは与えず、ひたすら与えてもらうことを、望んでいます。これこそが、その人の問題をあらわします。

ある程度の価格を維持することで、サービスの質が保たれ、サービス提供者ひいては利用者の立場が守られることが分からない人は、年齢に関係なく、社会の仕組みや経営の仕組みに、ティーンネージャー並みに疎いといえます。

社会の仕組みや経営の仕組みを知らないからこそ、出てくると疑念とも言えます。それこそが、その人の生きづらさや抱える問題と、大いに関係します。