What is your blend today?

In the past, I have observed stark contrasts between the western world and Japan. One time I arranged flowers in the traditional Japanese way. It looked empty and poor to an American woman and she quickly changed my flower arrangement without asking me. And her flower arrangement looked haphazard. We had opposite aesthetic tastes. In the eastern world, we see beauty in subtraction to honor space. In the western world, we see beauty in addition to honor things.

These patterns of thoughts reflects our human presence too. In the western world, people appear to be guided by a spirit of self-sufficiency. Then they start to become pure consciousness in a human form. In Japan we try to be pure consciousness in a human form first, then we are guided by a spirit of self-sufficiency. To awaken into pure consciousness, we often purify ourselves with salt and water. It is common to see a small pile of salt in front of traditional Japanese restaurants. And most Japanese love hot springs, because taking baths includes both entertainment and casual purification.

Modern western therapy focuses on strengthening the clients’ identity or ego. On the other hand, eastern traditional healing focuses on awakening to transformation. In Japan, we don’t think that identity is so important because identity is just a temporal process to identify both our ego and our surroundings at one moment.

When we go deeply into the Japanese way of thinking, it is easy to see the earth-centered perspective. Also it is easy to sacrifice yourself. And you will be more curious about a truth rather than different opinions. For most Japanese, it is a challenge to learn about what is healthy responsibility.

And when we commit to the western way, it is easy to open yourself to different opinions and to underestimate introvertedness. Also it is easy to see everything in a human-centered way which is exclusive to plants and animals. For most western people, it is a challenge to learn about the earth-centered way of thinking.

The most important thing is, we need to pay attention to “my blend of the day”. When you have tea or coffee, you will have your favorite coffee bean or tea blend. And you will change it according to your mood or the seasons. Both the western way and the Japanese way are simply interesting and meaningful. And we need to cook it for the here and now. I think you need to awaken to that point more.

【その後の感想】 5/25 グループコーチング「純粋であること」

5/25 グループコーチング「純粋であること」(神楽坂)のその後の感想をいただいています。素晴らしい時間だったなど、幸福感や充実感、のびのび自由な感じに満ちた感想を、頂いています。

以下の感想は、とってもみずみずしくて、掲載の許可をいただけたものなので、シェアしますね。

昨日はありがとうございました^^
ヨガポーズと最初の写真、見ました~!
なんだか笑えてきて…♪
ヨガ!いいですね^^

私の中で今まで、ふ~ん、良さそうやなぁ、というくらいにしか
とらえてなかったのですが、昨夜寝る前にやってみました^^
楽しいかも!
時間に余裕がある今、もっと身体のこと考えていきたいです。

WSはみなさんほんわか優しくて、とても心地よい空間でした。
穏やかな時間。
そして、あのオーガニックバーがお気に入りになりました^^♪

みんなが純粋を中心に生きていれば、
もっとイキイキとした素晴らしい世の中なのでしょうね。
きっと昔はその度合いが高かったのだろうな~と。

先日、お友達に
「純粋であること、心がきれいなことが一番だと思う」
って話したら、びっくりされました~。
「出世できる、計算高い、リーダーシップがある、世渡り上手、口がうまい、儲けている」
などが一番だと思っている方もまだまだ多いですね。

だからこんな世の中なのか…。
純粋でないことが良い…という価値観が
少しでも薄まっていきますように。

人生=生きる+生かされる

スペースを意識して、
苦手なことこそ周りに言ってみる
人とつながる
ワンネス!

たくさんの学びをありがとうございました^^

そして、話が飛びますが、クライアントさんから、大分県の鶴見岳にある、火男火売(ほのおほのめ)神社のお写真を、いただいたので、シェアします。

IMG_20130512_111333-1

とっても清らかな感じがしませんか?御祭神:火之加具土命(男神)、火焼速女命(女神)です。

みなさんが、今日も清らかな時の中にいることを、実感されますように。

★ 【開催概要】5/25 グループコーチング「純粋であること」はこちらです。
★ 【開催報告】5/25 グループコーチング「純粋であること」はこちらです。

5月に「わたし進歩したなぁ」と、思えたこと。

5月は、7月までに終えればいいことをすべてG.W.中に終え、5月末まででいいことを、5月1週目に終えて、なんとかすべて乗り切って、荒波サーファーのようでした。

そんな中でも、「あぁ、わたし進歩したなぁ」と、思えたのは、洋服をオンラインで、間違わずにかえるようになったことです。間違わずにとは、「思った通りのデザインで、思った通りの着心地で、思った通りの使いやすいさ」だったと、手にしてから思えることを、指しています。

東京に住んでいれば、お店に行った方が早くて、だから試着して買うのが当たり前の環境で、育ちました。京都に来てからは、それが叶わず、あたらしいスタイルを試行錯誤しつつ、その辺りの嗅覚を磨いていました。これでまたひとつ、自由になれました!うれしいです。

あなたが、5月に「わたし、進歩したなぁ」と思えたことは、どんなことでしたか?

【開催報告】 5/25 グループ・コーチング「純粋であること」

満月で月食だった25日、沖縄、京都、千葉、埼玉、神奈川、東京から集まって下さった、コミットメントの高いみなさんと、本当にすばらしい大人の時間を過ごしました。(黒糖いただきました~、ありがとうございます♪)

優しくてやわらかくて力強い鼓動のある場でした。そしてどこか面白く、なんだか思い出すと、笑ってしまう感じにも満ちています。意図通りの場になりました〜。満足!

IMG_7240

意図のせいか、なぜかみなさんいらっしゃっるなり、受付前でゴロゴロ、椅子は要らないということで(笑)、急遽椅子は撤廃しまして、床にすわってスタートとなりました。

前日にプログラムを、すべて書き換えた方がいいと直感し、つくりなおしていたら、なんだかヨガをやることになってしまって、プラサリータ・パドッタナーサナ鷲のポーズ三角のポーズ戦士のポーズ2戦士のポーズ1チャイルドポーズなどを、それぞれ短めにですが、挟み込みました。(列挙順は順不同です)

ヨガに限らず、わたし自身も「これもありなのか~」という素晴らしい経験を、させて頂きました。上半期の〆のワークショップとしては、バッチリです。二人のパワフルなアシスタントさんも、本当にお疲れさまでした~。それでは、当日頂いた感想のシェアです。掲載許可いただいています。

「今日は、気づかなかった自分に出会えた日です。種が大きく育ちそうな種が、踊って待っていることがわかって嬉しいです。種が外へ出てきたらどんな風に育っていくか、ワクワクします。「純粋であること」は、前は、「難しいこと」が付く言葉でしたが、今は、「楽しいこと」がつく言葉に変わっていく予感がします。(今回のワークショップの)お部屋って、気持ち良いです。緑が見えるのが良いですね。」

(54歳、主婦・アーティストの卵、女性)

「今日は、自分の中に純粋をどういう風に落とし込めばいいか、勉強になりました。(受け取れてうれしかったことは)自分がハッピーでいることで、得意なことも不得意なことも、自分が一番良い状態の中で、説明できると思います。自分の可能性をまだ信じられること(に、ワクワクしています)。「純粋であること」は、自分の一番良いところを最大限に引き出してくれるギフトだと思います。

(49歳、会社員、女性)

「目付きの悪いペンギンと話し合う一日となりました。自分の心から望んでいることや、気付いていないことに気づけた1日でした。心からの要望をきけたこと(が、うれしかったです)。目をそらさないで聞けました。また、これらをシェアできたこと(も、うれしかったです)。自分にとってのリーダーシップ/自分が願ってやまない世界は、どちらも考えるだけでワクワクします。

「純粋であること」は、自分にできることはすべてやって、天命にゆだねること/自分の限界をしっかりとつかむこと/生きることと生かされることが調和すること(と、捉えています。)純粋ワークショップは、ぜひもう一度開催してほしいです。国内でも、国外でも。

(37歳、会社員、女性)

IMG_7242

「「純粋さを真ん中に置くとうまくいく」自分の純粋さを生かしていきたいって感じた1日でした。(今日、受け取れてうれしかったことは)失業保険のことです(笑)。一番は本当に大事にしていること=つながること=ワンネス!これが新たなキーワードになりうれしく感じられました。あと、最近のみなさんからの印象、見てとてもうれしかったです。(今は、ワクワクしながら)ワンネスコーチング、ワンネスブログを、思い描き始めました。

「純粋であること」は、自分の得意も不得意も受け入れて、認めて、苦手なことも発信して、みんなでつながること(だと思います)。会社や組織、特に純粋であることを軽視しているところに、純粋の威力を伝えて頂きたいです。
(30歳、無職、女性)

「今日は、清らかさや純粋さを大切にする人たちと出会った。私が願ってやまない世界のことを正直に語れて、(寝ている間)すごくはっきりしたユメをみました。ワークショップの内容を暗示するようなユメでした。でもイミはわかりません。受け取れてうれしかったのは、私がリスクをとっても何かを愛でる人だと言ってもらえたことです。

今、「純粋であること」は、欲を手放すことだと、捉えています。気のよい神社や寺で、ワークショップを開催してほしいです。」
(52歳、団体職員、女性)

「リラックスして、気持ちのいい空間の中でみなさんとの対話を楽しみ、自分を見つめ直せた一日でした。楽しかったです。(今日、受け取れてうれしかったことは)不得意なことに出会った時、周りのスペースも見ること、自分のできる範囲で責任を果たしていけばいいことを受け取れたこと。また、自分の欠点だと思っていたことを自分の長所に捉えられる言葉を受け取れたこと。(今、ワクワクしながら消化中のことは)次のステージに行きたいとワークショップの最初に言ったが、このワークショップを受けて自分をどう変えられるか。

「純粋であること」は、周りのスペースを意識し、その中で真っ直ぐ大地に立ち行動していくこと。」
(36歳、システムエンジニア、女性)

IMG_7249

『ふるさと』『童神』『朧月夜』など歌ったり、手をつないでいのちを感じたり、癒される深いところの強さがメキメキ顔を出す時間でもありました。

お昼をみんなで行ってもらったら、おやつが大量に余りまして、こんなことってあるのか!?と、驚きました(笑)。前回はみなさん、食べ物に群がっていて「お昼食べてこなかったのかな?」と、思ってしまっていたもので!

遠くからいい時間になるよう、祈って下さった皆様も、本当にありがとうございました。次回は、職場にデリバリーしたいです。職場にデリバリーして欲しい方は、お知らせくださいませ。

★ 【開催概要】5/25 グループコーチング「純粋であること」はこちらです。
★ 【その後の感想】5/25 グループコーチング「純粋であること」はこちらです。

気楽に参加できる、リーズナブルで高品質なサービス

「気楽に参加できる、リーズナブルで高品質なサービス」を求める人は、自分からは与えず、ひたすら与えてもらうことを、望んでいます。これこそが、その人の問題をあらわします。

ある程度の価格を維持することで、サービスの質が保たれ、サービス提供者ひいては利用者の立場が守られることが分からない人は、年齢に関係なく、社会の仕組みや経営の仕組みに、ティーンネージャー並みに疎いといえます。

社会の仕組みや経営の仕組みを知らないからこそ、出てくると疑念とも言えます。それこそが、その人の生きづらさや抱える問題と、大いに関係します。

5月は、サラダに夢中でした。

水菜・大根・じゃがいも・牛蒡といった、春の新顔ちゃんが届く中、いつも根菜類は、何も考えずに、半分以上、そのまま洗って無水鍋にいれて、蒸してしまいます。その後で、どうするか考えます。

5月は、サラダに夢中でした。蒸した根菜類の多くは、マッシュしたりする手間は省いて、カレーで使うよりは小さめ、でもみじん切りではないサイズに切って、いちじく酢(絶品!)と塩コショウで、味付けして常備菜にしてしまいます。

いざ、食べる時に、大根や水菜、ごぼう(蒸したもの)を千切りにして、時にオリーブオイルも加えてあえて、あっという間にたっぷり食べられる野菜サラダの完成!というのが、5月の定番でした。

もちろん、トマトなど他の野菜が手に入ったら、それらを入れる時もあります。

お酢は、小さい時から、甘いもののより大好きでした。ケーキより、ところてん派でしたし、お味噌汁や煮物にも、酢を垂らして頂いていました。

大量消費する酢は、いつも飯尾醸造さん(京都)の純米酢を、一升瓶で買っていたのですが、ある日から気になりだした「いちじく酢」は、買ってみて大正解でした。フルーティなバルサミコやワインヴィネガー感覚で使えます。正直なところ、バルサミコやワインヴィネガーといった洋物より、使いやすいです。

みなさんは、5月は何に夢中でしたか?

熱い国、ボリビア。

このブログを読んでいる方で、ジャンクフードを好む方は、少なそうですが、シェアします。

ハンガリーでは、砂糖や塩分の多い飲食店に課税、フランスでは砂糖入り炭酸飲料に課税、アメリカのコロラド州では、ソーダ税が施行されています。また、ジャンクフードの広告自体が、イギリスや韓国で規制されています。添加物大国ジャパンでも添加物税をスタートさせ、少しはサムライスピリットを見せたいところです。

すばらしいのは、ボリビアで、みなさまご存じのファーストフード店が、すべて閉店に追い込まれています。なぜなら、“Fast-food represents the complete opposite of what Bolivians consider a meal should be. To be a good meal, food has to have be prepared with love, dedication, certain hygiene standards and proper cook time.”(引用元は、こちら)だったからです。

ボリビアでは「日本でいえば、おにぎりのような、独自のファーストフードがあったので、輸入物のファーストフードは不要だったのです。

昨年から、ひそかにボリビアは、わたしの中で熱い国だったので「またしても、ボリビア!」とうれしくなりました。みなさんは、ボリビアの皆さんように「いいものはいい/不要なものは不要」と、言動一致で生きていますか?

純粋ないのちが、生き生きする仕組み。

京都は、やっと5月らしいお天気になって、そこからひとっとびに7月のお天気です。ストーブや断熱製品の数々を、やっとしまえました。昼と夜では、季節が変わるような激しい温度差があり、身体がくるしいです。

人間が贅の限りを尽くした結果、動物や植物には、本当につらい地球環境になってきました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。みなさんも、植林活動への参加でも、動物保護への寄付でも、なんでもいいから始めた方がましだと思われることを、なにか始めてみませんか?その時に、ぜひお友達も誘ってみましょう。

毒性の強いいのちがすべてを支配する仕組みではなく、純粋ないのちが生き生きする仕組みに、積極的に加担していきませんか?ぼんやりそう思っているだけだと、実は前者に加担しています。

自分の一部が、奇遇にも外にもあった。

わたしは、フランス語が、純粋に好きです。このところ、フランス語の勉強を、再開してみて「フランス語の辞書に顔をうずめたくなるあの感じ」「例文という例文は、素麺でもすするように、全部呑み込みたくなるあの感じを」、英語では、いまだ味わっていないことに、改めて気づきました。

英語だと、該当するものを素早く探しだし、素早く辞書を閉じます。まるで、暗闇の中にある、離れのお手洗いに行くときのようです。

フランス語は、もともと自分の一部だったものが、奇遇にも、外にも存在していたかのように、感じます。これが「純粋に好き」という感覚です。

そして「純粋」が真ん中にあるものは、自分のスタイルや得意/不得意を、しっかり教えてくれます。つまり、自分を知ること全体を、ガイドしてくれます。5/25 グループコーチング「純粋であること」(神楽坂)で、仲間と一緒に、その続きを探検しませんか?

【その後の感想】 4/20「子宮にやさしく、地球にやさしく ~身体スペシャル~」

やっと、4月下旬くらいのお天気になってきた、京都です。
環境の変化で、色々なものが乱れた後に、追いついてやれやれという感じでしょうか。
少し前から、鶯もみみずくも猿も(!?)鳴き始めました。(鹿が鳴くところも~)
つつじやハナミズキが終わりかけ、色とりどりのてっせんが満開です。

IMG_7016

さてさて、後日、感想を下さった方がいらっしゃるので、シェアします。

『遅くなっちゃったけど、この前の「子宮にやさしく~」では、ありがとうございました。

子宮で聞いて話す。すごーく、よいね。
意識しないと、すぐ吹っ飛んでしまうんだけど、
前より断然、自分を大事にしやすくなったって思う。

『みきさんにお会いできて嬉しかったです(*^_^*)

子宮に目と口がついてると思って話すってことが一番得たことでした。
そうしてたら、頭から考えてない自分がいて、引き続き、意識しています。
身体で感じるって、そういう方法もあるんだなぁ。という気持ちでした(*^_^*)

すごい冷え性でつい気が上がっちゃうんですが、気を下げて子宮で感じる。
そして感じたことを信じていい。

スローライフも5月からは可能な環境になりますので、近づけていきたいです(*^_^*)』

次回は、福岡でやりたいと思っていますよ、福岡のみなさん!

◎ 4/20「子宮にやさしく、地球にやさしく ~身体スペシャル~」の開催報告はこちらです。
◎ 4/20「子宮にやさしく、地球にやさしく ~身体スペシャル~」の開催概要はこちらです。

身体まるごとで、生きる。

京都で、ヨガスタジオに通っていた時、ヨガの先生が「足の小指の骨に、ヒビが入っただけで、できないポーズだらけになった」と、驚かれていました。

一方、東京で、妊娠中のヨガの先生が、安定期に入られてから、かなりアクロバティクなポーズをして、見せて下さったこともありました。(妊娠もケガもしていない、生徒全員、このポーズできませんでした・・・)

足の小指に、愛をむけて生活している人は、数少ないと思います。でもね、その何の役にも立ってなさそうと、頭が勝手に思っている、足の小指の骨にひびが入っただけで、頭が勝手に「できるんじゃないの」と思っているポーズも、できないんです。

一方で、頭が「わぁ、大変そう。できないんじゃないの?」と思う、妊娠中の大きなお腹では、ちゃんとずいぶんアクロバティックなポーズもとれるんです。頭という身体のごく一部、でなく、小指も含めた身体まるごとで、生きましょう。これは、純粋であることの、基礎にあたります。

そうありたいと、チラッと思った方は、勇気を出して、5/25「純粋であること」(神楽坂)へ、いらしてくださいね。

当日のお菓子(すべて、オーガニック or マクロビ)も、準備し終わりました。神楽坂でちょっとした、バカンス気分も味わって頂けそうです。

等身大であること。

等身大であることを、簡単に考えてみましょう。

例えば、バイキングに行ったとき、ちょうど腹八分目になるよう、料理をとれるということです。
例えば、お味噌汁をつくったお鍋が、きれいに空になるということです。
例えば、寒気のする日にジムに行かず、すぐお布団に入って眠るということです。

バイキングでお料理を取りすぎたら、「おいしい食べ物」が、あなたが取りすぎたことで「ただのゴミ」になります。悲しいことに、あなたが、欲を出さなければ、「おいしい食べ物」のままでいられたんです。
お味噌汁は、お椀に半分未満の量が、お鍋に残っていたら、おじやにしましょう。そのまま捨てると、お水が汚れます。魚がすめる水に戻すのに、1500リットルもお水が必要になってしまうんです。なにより、作りすぎないようにしましょう。
寒気のある日にジムに行くのは、完全に自己満足ですね。欲を出して、運動してしまって、周りにも風邪などをうつし、あなたもその後何日も寝込むことになると、誰よりあなたが困ることになるでしょう。

等身大を受け入れていくと、欲を出す/枠を広げる、の違いがクリアになっていきます。

純粋な人は、等身大を受け入れています。あなたも、そうなりたいと、本当は願っているんじゃないのかしら?そこに、OKをだすチャンスを、つかんでみませんか?

ブルーライトカットシート

目の疲れを軽減したくて、スマホにブルーライトカットシートを貼ってみました。目の疲れが明らかに軽減されたので、パソコンにもブルーライトカットシートを、貼りました。気泡がいっぱいはいったので、ついでにデスクトップを水中にして、水の泡を楽しむことにしました。

話を戻しまして・・・、ブルーライトは浴びると、体内のメラトニン生成量を減らしてしまうそうです。だから、時差ボケ改善にもつかえるし、逆に夜9時過ぎには、あまり浴びない方がいいようです。逆に、眠くならずに仕事を頑張りたい時は、ブルーライトの力を借りるのもありだそうです。そして、寝室やお手洗いの照明は、ブルーライトを多く含むLEDにしない方が、睡眠を妨げないそうです。

また、こんな裏技もあるようです。パソコンをガンガン使う職業の皆さん、快適にすこやかにお仕事ができるよう、工夫されてみてはいかがでしょう?

そしてそして、欲深いエゴエゴ怪物になってると、なかなか工夫は重ねられないもの、なんですよ〜。めんどくさいお化けがうようよしてるあなた、エゴエゴ怪物になりかけていますよ〜。そんなことしてないでね、本来のあなたの純粋さに、降参しちゃいませんか?純粋さに、あなたを明け渡しちゃいませんか?

10年単位で探したもの。

少し前に、10年単位で探したものと、出会いました。それは、コート掛けです。竹馬にもなるので、お客様がいらした時の、話のネタになります。

かつて、祖母は、鰹節をちゃんと、削っていたんですよね。だから、おうどんもお味噌汁も、シンプルなのに、すごくおいしかったです。

そこにあるものを、生かし切る暮らし方に、大枠としては、一歩近づけた感じがします。そこにあるものを、生かし切る暮らし方に、一緒に近づいていきませんか?

きょうこさんのヨガ

東京でお世話になっていた、きょうこさんが、ヨガクラスを再開します。
ヨガやっていてよかった~!と、深く実感したのは、スペインに10ヶ月の間に、往復4回渡航していた時です。飛行機の中でも、部屋についてすぐも、ヨガをして、身体のチューニングをしていました。ヨガとピラティスによって、身体の幅みたいなものを、持てた気がしています。

きょうこさんは、早々に陰ヨガを学んで取り入れて下さったので、ハタヨガ(陽ヨガ)と陰ヨガ、両方ができるのも、後々、使い分けられてとっても重宝しました。

陰ヨガは、続けると、マッサージ要らず、むくみ知らずに、なります。
陽ヨガは、気持ちの切り替えや、活動モードにスィッチを入れたい時にも、助けになります。

練馬春日町(東京メトロ大江戸線)から、徒歩数分のところで、開催されています。お近くの方、ぜひ身体を知る機会を、ご自身に贈ってあげて下さいね。身体とは、一生のお付き合いです。

わたしは今も、朝は陽ヨガ数ポーズ、夜は陰ヨガ30分ほど、続けています。身につけると、一生モノです。ちなみに、こちらも、一生モノです。