温度変化が急激な時のガイドライン。

ぐんと気温が上がって下がるこの頃、気が大変あがりやすくなっています。気が上がると、人は「操り人形」みたいになります。

ほんとうに、操られやすくなります。あらゆる判断を誤りますが、それ自体に全く気付けません。思い込みがどんどん激しくなります。ギラギラしたものや、どギツイものに、妙な安心感を覚えます。人によっては、この状態で体臭がきつくなります。

該当する方は、外出を半分に減らしてみましょう。おうちでは、読書やDVD鑑賞など、あらゆるインプットを、半分にしましょう。その分、身体のメンテナンスと瞑想の時間を、もってみましょう。

そして、日記を書いたり、コーチをつけて、アウトプットを増やします。また、自然農法のお野菜やお米(なければ有機栽培)へシフトしていき、化学調味料や添加物のないご飯へシフトしていきましょう。人によっては、野菜を変えただけで、ブルーな気持になる頻度が1/5くらいに、減ります。

こうしていくと、流されない人になっていきます。(→ここの詳細は、メルマガ参照

ほんとうは、ご自分の身体で体感されて、それをやっていくのが、もっともいいのですが、どうしても頭から入りたいと思う方へ、ガイドラインとして書いてみました。