Love is the only essential need for this world .

On January 30, I completed my 10 months journey which is about organizing the Global Conversation Circle.  After I completed it, personally, one of my surprises was that Mother Teresa became one of my leadership role models.  I loved her and I saw her as a global leader. But I felt that I am very different from Mother Teresa.

Through having conversations with many global citizens for 10 months, I realized that love solves everything.  Love is the only essential need for this world . Even if “love” is a word that is easily misunderstood or misleading, I do not care.  Because such a misunderstanding comes from lack of love. Passion is love. Wanting is love. Belief is love. Trust is love. Being in this moment is love. Lack of love creates all problems. That is what I get from 10 months of conversations.

And also I realized that actually both unconditional love and inner wisdom are the same. Before I separated unconditional love and inner wisdom. But 10 months was enough time for me to integrate them. I think that is one of the outcomes of walking in each others’ shoes.

Instead of being in our heads, we just need to open our hearts to the world. If we open our hearts, we cannot create any misunderstandings and deceptions. For example, discrimination and prejudice comes from closed hearts.

When the earthquakes and tsunami happened in Japan, over 100 countries sent us rescue teams. That was a fabulous moment because we could easily transcend our egos and borders in this world. Deep grief sometimes supports us to be one. And I think that deep grief is created by focusing on what we do NOT HAVE or ARE NOT. What if we focus on what we HAVE or ARE?  Can we support each other the same way we supported each other from deep grief? I think that is a human challenge. Because we are very good at focusing on NOT HAVE or ARE NOT. Then we feel that we are helpless and powerless and that snowballs into anxieties and fears.

When I went to Spain and had a great time with 22 people from 18 countries from 2009 to 2010, my English vocabulary was very limited. At that moment, what I could express was all about “I love” from my perspective. I always said, “I love your way”, “I love you”, or something like that. I felt that I just showed a part of me, like a crescent moon. But when the earthquake happened, I thought I would die soon. And I thought that the most important thing was love. Therefore I realized I did express the most important things for me back in 2009 and 2010.  I just did not know myself then.

What I want to see in the future is that we support each other from unconditional love, not from deep grief. If we can help each other to focus on what we HAVE or ARE, it will be very easy to make a true global harmony and peace. And that means that we can heal the earth, our womb. I don’t know what I can do, but I will keep on exploring my next step, because I want to see such a future.

Miki Yoshino

すべて失っても、残る財産。

昨夜は、マイ・コーチ(アメリカ人)との、コーチング・セッションでした。途中、あるスラングを使ったら「うわぁ!みきが、スラングを使うなんて!英語力、また、上がったね~」と、大喜びしてくれて、その姿に、泣きそうでした。ありがとう、マイ・コーチ。お世話になっています(涙)

いつも、いい人達に恵まれ、本当に助けてもらっているわたしです。本当に、人は財産ですね。人生は、人との出会いで、変わります。

わたしが、人生初、そう思ったのは、小学校1年の時でした。お客さんが来ると、押し入れに隠れる子だった、いじめられっ子のわたしを、なぜか、S先生は、何度もあらゆるリーダーに、抜擢してくれて、「わたしはリーダーなんだ」と、目覚めました。

その後、転校先で、高学年になり、今度は、先生にいじめられます。辛い気持ちの日に限って、たまたま乗っていた電車で、何度も、S先生に、バッタリ会いました。本当のやさしさをもっていたS先生に、いつも救われていました。書くことが好きなままでい続けられたのも、S先生のおかげです。S先生がいるから、今のわたしが、あります。

みなさんのそんな、人生を変えた大切な人は、誰でしょう?

そして、大切な人という、財産を増やすチャンスが、2/11の「うつくしいリーダー」(神楽坂)です。すべてを失っても残る、「人との縁」という財産を、増やしにいらっしゃいませんか?今日も、すてきな出会いに恵まれた一日に、なりますように!

排水路を利用する、野生動物たち

2012年 2月1日水曜日 朝日新聞夕刊より
アメリカのメリーランド州(東部にあり、ワシントンD.Cに隣接する)で、「自動車が行き交う高速道路を横切るため、多くの野生動物がその下を通る排水路を利用している」という実態が、メリーランド大学環境科学センター(University of Maryland)の調査で、分かったそうです。
2012年1月までの「約2年間で、アライグマ、バージニアオポッサム、アカギツネなど多くの動物たちが、排水溝を利用して道路を横断していた。(中略)排水溝を利用していなかった動物は、ボブキャットとアメリカクロクマ、コヨーテの3種類だけだった。(中略)州内に生息するほぼ全ての哺乳動物が、排水溝を利用して高速道路を横断していた。」そうです。
◆ 排水路の利用例
・アライグマ:  246か所の排水路で24,800回、野生動物撮影用赤外センサーカメラにて確認される。
・バージニアオポッサム: 103か所の排水路で2169回、野生動物撮影用赤外センサーカメラにて確認される。
・アカギツネ:66か所の排水路で、928回、野生動物撮影用赤外センサーカメラにて確認される。
◆ 意外な利用者
オジロジカ(頭が天井につかえそうな大きさ)、オオアオサギ(空を飛べる鳥)
この調査は、「州内の高速道路で起きる車両と野生動物の衝突事故による死者は、毎年200人以上に上る。また動物の犠牲はさらに桁違いに多い。」ことをうけて、メリーランド州高速道路当局が資金を出して、行われたそうです。
こちらに、この記事の元ネタになっている、AFP通信の2012年1月3日の記事があります。
アライグマが、汚い排水路にどっぷりつかっている姿に、あなたは、何を思うでしょうか?
人間の選択と創造の力を、動物や植物のために、どう使うと、あらゆるいのちにとっての「希望」を創り出していけるでしょう?