たまたま、変化してしまう。

変化の本質は、「変化のために、変化する」ことでは、ありません。あくまで、「大事なものを大事にしていったら、たまたま、変化してしまう」のです。いつも、ありのままを見開いた目で見て、大事なものを大事にしていると、毎日ちょっとずつ変化する、穏やかな日々になりやすく、目を閉じていると、どっと変化がやってくるように、感じることがあるだけなんです。

どんなに、変化が激しい年も「ありのままを見開いた目で見て、大事なものを大事にする」ことさえすれば、「チャンスが、ごろごろ転がっている、おいしい年」になります。そして、ひとりだと、くじけてしまう時も、涙が止まない日も、逃げたい日も、仲間がいれば大丈夫です。感性の合う仲間と巡り合い、グルーヴ感を味わえる日々は最高です。